【1億稼ぐ情報商材の作り方マスターノウハウパッケージ】アフィカスを24時間こき使って稼ぐ!

joho

今すぐ内容を確認する

「アフィカス」や「裏アフィリエイター」といった具合に嘲笑の的にされているのがアフィリ
エイター
ですが、無休でこき使えるセールスパーソンとして考えれば、これほど役立つ人材は
他にはいません。

広告主からすれば「死ぬまでこき使える人材」と扱うことも可能です。
ブラック企業も真っ青(?)になる人材活用法を現実化できるというわけですね。

ワタミのオーナーじゃないですが、アフィリエイターが過労死しようが、24時間働こうが全く
関係ありませんし、稼がない奴には1円も上げる必要がないというのは歩合給の営業マンでも
不可能な「給与体系」が可能
になるわけです。

アフィリエイターとはASPなどを挟んだ業務提携でしかありませんから労働基準法を守る必要
はないのです。

とはいえ、アフィリエイター側もアフィリエイトが強制されるわけではありませんから、売れ
行きの悪い商品を選んでアフィリエイトをするわけもなく、同業他社の商品をすすめるために
「捨て駒」として悪意ある紹介が行われるケースも少なくありません。

コストを掛けずに価値の高い商品をつくろうと思ったら、やはり「情報商材」が最適だという
のは岡崎よしあきさんです。

岡崎さん自身も、懐かしの「日8」こと「ブログアフィリエイトで日給8万円」をはじめとして
今までに数億円は稼いでいますが、裏アフィリエイターやアフィカスどもを動員したからこそ
可能な金額であり、一人でヤフオクなどでコソコソ売っているのでは達成不可能でしょう。

アフィリエイターからしても売れやすくアフィリ報酬が高めの商品というのは魅力的ですから
「日8」は全ての条件を満たしていたこともあって、億単位の売上を達成できたのです。

このような情報商材の作り方から売り方まで岡崎さんがマニュアルにまとめました。
1億稼ぐ情報商材の作り方マスターノウハウパッケージ」です。

しかし、逆説的といえるかもしれませんが、
「情報商材は儲けにくい」
と岡崎さんは断言します。

どうしてでしょうか?

【続きを開く】

このページの先頭へ