【KILLER FAXDM MANUAL】FAXは時代遅れの媒体だと誰が言った?

faxdm

今すぐ内容を確認する

インターネットメールやSNSなどに使い慣れるとついつい忘れてしまいがちですが、電話や
FAXは時代遅れで淘汰されるだけだと考えるのは早計
です。

補助的な位置づけながらもツイッターなどでも消防に通報できますが、今でも主流は電話や
FAXです。

メールのように相手が読まない限りは気づかれないメディアというのは緊急性という点では
不十分だからこそ、一刻を争う救急車や火事などの通報は今でも電話が主流なのです。

日常的にインターネットを使っていると気が付かないものですが、通信の信頼性という点で
いえばインターネットは意外に弱く、固定電話や公衆電話からの通話に関する信頼性の高さ
は改めて指摘するまでもないでしょう。

それでも、災害時は回線が輻輳して通信規制がかかりますが、通常時にもトラブルで通信が
できなくなる可能性があるインターネットと比べると雲泥の差です。

インターネットを一切使わずに電話回線上だけで通信を行うFAXというのは、通信の信頼性
という点から考えても優れ物だといえるのです。

FAXが「経費のかかる過去の古びたマーケティング手法」だといった一般的な認識は大いに
間違っている
と指摘をするのは加用宗忠さんです。

FAXDMはゴミ箱やリサイクルボックス行きだと考えがちですし、あなたも今までに着信した
FAXDMを中身を確認することもなく捨てていたと思いますから、全く役に立たないものだと
誤解したくなるのも当然でしょう。

FAXDMの場合は、反応率が高いと言っても0.5%もいけば上出来ですから、1000枚送信して
注文が5件来れば驚異的な成果となります。

成約率1%や10%といった水準を求めているのであれば、別のマーケティング手法を実践した
ほうがいいのではないでしょうか。

その一方で、相手の了解を得ることなく一方的にFAXDMを送りつけるという、スパムや訪問
営業などと同じように「嫌われ者」の代表のような手法で、成約率0.5%というのは驚異的

思うかもしれません。

その反応率の高いFAXDMを作るゴールデンルールを「KILLER FAXDM MANUAL」で学べ
ます。

【続きを開く】

このページの先頭へ