【出張買取せどりマニュアル】一度にまとめて大量に仕入れられる方法

syuchou

今すぐ内容を確認する

せどりビジネスで稼ぎ続けようと思ったら、出品する商品がなくなるという状況を避ける
必要があります。

転売をするわけですから、仕入れて売って差額を稼ぐというサイクルを止めてはいけない
のです。

しかし、売れ残った不良在庫ばかりが残ってしまっては意味がありませんし、赤字になる
ような仕入れをしてもいけません。

その上、ライバルせどらーが増えていることもあって、メジャーなジャンルでは仕入れが
難しくなっています。

あなたも、日を追うごとに仕入れにくさを実感しているかもしれません。

せっかく独立したにもかかわらず、あっという間に廃業に追い込まれた「専業せどらー」
も少なくない
というのは、群馬県で元ブックオフエリアマネージャーだったという経歴を
持つ「ブックオフせどり」こと古道和俊さんです。

それだったら今更せどりを始めるのはやめたほうがいいと思うかもしれませんが、本業と
してせどらーに取り組むのであれば古物商免許を持っていると思いますので、その利点を
生かさないのはもったいない
というわけです。

古物商免許を持っていれば個人や法人からの買い取りができますから、ブックオフなどで
高く売れそうな商品を探さなくても、売りたい人から直接買い取ればいいわけです。

多種多様な調達ルートを確保してこそ、一つの方法が使えなくなったとしてもギブアップ
することなく稼ぎ続けることが可能になります。

その中でも、古道さんは個人や法人、団体などに出かけて買い取りを行う「出張買取」を
行うことで、高い利益率が得られる商品を仕入れられるといいます。

古本や雑誌などにかぎらず、あなたが引き取れる範囲内で、さまざまなジャンルの商品を
仕入れることが出来ます。

ネット上での買取サイトや電脳せどりなどと比べると手間と時間がかかるので面倒臭いと
思いますが、その手間が障壁となってライバルが少ないという点ではメリットだと言える
のではないでしょうか?

【続きを開く】

このページの先頭へ