【セドリーム】スマホを使った「ウインドウセドリング」で転売で簡単に稼げる!

sedream

>>公開は終了しました<<

あなたは「ウインドウセドリング」を知っていますか?
セドリックではなく、セドリングです。

英語でどのように書くのかわかりませんが、探しても多分見つからないでしょうね。
セドリングというのは「せどりing」という「造語」ですから。

要するに、ウインドウセドリングというのは、ウインドウショッピング感覚で商品を見ながら
「せどりing」の一つである「仕入れ」を行うという作業のことです。

しかし、目利き力もないのに、適当に商品を見ているだけで商品仕入れが行えるのかと疑問に
感じているかもしれません。

もちろん、バーコードを読ませてオークションでの落札価格をチェックする「ビームせどり」
がありますが、特に古本販売店で迷惑行為を繰り広げたせどらーが多かったこともあって使用
すること自体ができない店舗が劇的に増加しています。

ビームせどりをされることのない業界では、現時点では何も規制はありませんが、ブックオフ
などでのせどらーの手口を見る限りでは同じようにやらかして同じように規制されていくのが
オチでしょうから、やはり先行きは暗いと言えるでしょう。

かといって、スマホなどでオークファンのサイトを開いて落札相場を一品ずつチェックすると
いうのでは、いくら時間があっても足りません。

そこで役立つのが「セドリーム」です。
スマホアプリとして動きますから、iPhoneやnexus、Xpediaなどにいれておけば十分です。

ビームせどりと同様に、バーコードを読ませることで想定落札価格や想定利益率とともに独自
の「お宝アイコン」が4段階で表示されます
ので、上位の商品ほど逃してはいけないアイテム
だとひと目でわかります。

セドリーム利用者専用の代行センターが利用できますので、amazonFBAのように商品を発送
するだけではなく、出品作業までも代行してくれるのです。

つまり、あなたは商品を仕入れて代行センターに商品を送るだけで終わりです。
それこそ、店舗から宅急便などで代行センターに商品を配送させてもいいわけです。

代行コストは最低水準だとはいっても無料ではありませんから、コストを節約するために代行
センターを使わなくても全く問題ありません。

このページの先頭へ