【風花初芽】エンタメトレンドアフィリの代名詞からの脱出

kazahana

今すぐ内容を確認する

高田さんの風花シリーズの最新作が「風花初芽」ですが、ライティングを強調しながら、やって
いることはライティング不要のエンタメトレンドアフィリエイトで楽天アフィリという具合に、
矛盾した状況だったのが心憎い演出だったというべきでしょうか。

トレンドアフィリが普及するにつれてライバルが急増してきたこともあって、高田さんも徐々に
軌道変更を行ってきたように思えますが、風花初芽では、普通のブログアフィリエイトになって
しまいました。

あなたがノウハウコレクターであれば、既知の内容も少なくないのではないでしょうか。

「あっけないほどシンプルな方法」や「スマートで、心ときめくビジネスモデル」、「ドラマ的
なライティング」といったセールストークに踊らされて、今までには存在しなかった斬新な方法
があるのではないかと勘違いしてしまうと、思わず後悔するかもしれません。

なお、ブログアフィリエイトといっても、ブランディングを行ってメルマガやステップメールへ
の登録を促しつつ、いろいろと煽動して文化を作り上げていくといった、何ヶ月も無報酬で努力
して月100万円以上の稼ぎを狙うような「王道」手法ではありません。

ブログに記事を書いてアクセスを集めた上で、アフィリリンクをクリックさせるという、退屈で
ありふれた方法ですが、記事を書くのが苦痛に感じるからこそ挫折してしまうわけですよね。

そこで、風花初芽では、記事を書くのが苦痛ではなく、快感さえ感じながら集中して取り組める
ようなライティングの仕方を紹介しています。

【続きを開く】

このページの先頭へ