【ケアマネ初心者 超実践業務マニュアル】「実務」や「実践」が使えないという不都合な真実

careman

今すぐ内容を確認する

ケアマネージャーは大きく「施設」と「居宅」の2種類にわけられますが、居宅ケアマネが
一般的にイメージされるケアマネであり、施設ケアマネは勤務する施設によって勤務内容が
全く異なる事も珍しくありません。

それこそ、ケアマネ業務は役所などに提出する書類作成だけしか行わずに、実務はヘルパー
と変わらない施設も数多くありますし、ケアプランといってもその施設の系列企業からしか
選べないことが多く、一つの選択肢を入居者に押し付ける場合も多いわけです。

その点、居宅ケアマネは選択肢が広い一方で調整事項も煩雑になることから、新人ケアマネ
にとっては高いハードルに感じられる
のではないでしょうか。

また、一人ケアマネの事業所もありますから、事務所に勤務した早々に実務経験がないのに
いきなり実務という状況に追い込まれることは決して珍しくありません。

更にはわからないことを聞きたくても、聞ける相手がいないという事務所も多いのです。

ケアマネが介護を依頼する家族とサービス提供事業所の板ばさみになることも多々あります
から、適切に対処ができなければ「無能」扱いされて、地域の口コミネットワークや口コミ
サイトなどでも悪評が広がります。

供給不足の時代は質の悪いケアマネでも数を集めるために必要でしたが、余剰感が出だして
いますので、無能なケアマネは容赦なく淘汰される時代が近づいていますし、ケアマネ自体
不要だといった意見も広がっていますから、ますます生存競争が激しくなるわけです。

書店に行けば、ケアマネ向けの「実務」「実践」という具合に、すぐに役立ちそうな書籍が
売られていますが、大分県佐伯市在住の居宅ケアマネの中島貫行さんは新人ケアマネが実際
に使うのには無理がある
と指摘します。

その書籍の著者自身が実務で「活躍」したケースの紹介にとどまっており、その著者と同じ
ケースでないと役立たない「実務」マニュアルでは汎用性は乏しいと言わざるを得ません。

そこで、ケアマネ試験に合格した直後で実務経験が全くなかったり、施設系の経験しかなく
居宅系の仕事の進め方が理解できていないケアマネ初心者向けに、個人の感想ではなく汎用
性の高い実務マニュアル
を中島さんが作成しました。

それが「ケアマネ初心者 超実践業務マニュアル」です。

【続きを開く】

このページの先頭へ