【伝説の営業マンの実践マニュアル】飛び込み営業・訪問営業で成功するには?

eigyoman

今すぐ内容を確認する

アポ無しの訪問営業飛び込み営業というのは、断られるところからスタートするわけですから
どうしても成約率が低くなるのは当然です。

だからといって諦めてしまっては営業成績は上がりませんから、足で稼げとか1件でも多く回れ
といった具合に営業会議などでは檄を飛ばされることも珍しくありません。

しかし、どれだけ努力をしたところで一人でまわれる件数には限度がありますし、24時間回れ
といったところで、相手先が睡眠や営業時間外で不在になっていれば意味がありません。

夜中の3時頃にセールスに来られても迷惑なだけですし、当然ながら訪問販売法に違反している
ことから、セールス先からクレームが来たりすると、会社は「個人の暴走」などといって見放す
ことがほとんどですから意味がありません。

訪問先の数を増やせなければ、成約率を上げるように努力するしかないのです。

株式会社グランディールの藤本伸也さんは、訪問営業として4社を渡り歩き、いずれの会社でも
全国トップの営業成績を叩きだしたという実績を持っていますが、最初からトップセールスだと
いうのではなく、それどころか底辺から数えたほうが早いという悲惨な状況だったといいます。

しかし、「営業マンらしい営業マン」をやめたことで、底辺から45日で成績トップにまでのぼり
つめたという藤本さんは、訪問営業や飛び込み営業で飛躍的に成約率を高めるための法則や手法
に気づいたといいます。

その手法をまとめたのが「伝説の営業マンの実践マニュアル」です。

この法則や手法が、藤本さん個人のスキルによるものであれば全く意味がないのですが、現在は
独立し営業研修や営業員指導を行った結果、藤本さんから指導を受けたセールスパーソンが次々
と営業成績を向上させている
光景を見れば、汎用性と再現性の高さが理解できると思います。

【続きを開く】

このページの先頭へ