【ポータル登録プラス】4階層構造でペンギンアップデートの影響なく上位表示

potalpus

>>公開は終了しました<<

「コンテンツSEO」に代表されるように、従来型の被リンク重視のSEOは意味が無いどころか
かえって害悪であるかのように言われていますが、果たして真実なのでしょうか?

結論から言えば「誤り」です。

もちろん、ペンギンアップデートや手動ペナルティなどに捕まるような被リンクを行うという
のは論外だとしても、被リンク全てを否定するのは誤りだとgoogleの担当者も指摘しています
し、Bingなど他の検索エンジンにおいても同様の見解を示しています。

その上、ナチュラルリンクであるかどうかを自動的に判断できるだけのロジックは、現時点に
おいても確立できていませんから、目視による手動ペナルティが今でも積極的に行われている
わけです。

自作自演のSEO対策や有料被リンク等でペンギンアップデートに捕まりやすいのが、被リンク
さえ送ればいいという発想で、無料ブログや中古ドメインなどから送るだけの「2階層構造」
です。

あなたも続けているかもしれませんが、今後はリスクが高まることはあっても低下することは
ありませんから、徐々に被リンク構造を変えていくなり、徐々に減らして止めていくといった
具合に工夫をした方がいい
でしょう。

そこで、「ポータル登録プラス」では、従来型の「2階層構造」ではなく「4階層構造」を採用
しました。

あなたのサイトに被リンクを送るのは、全て「ポータルサイト」のみです。

ポータルサイトにすることで、ペナルティの対象となる有料被リンクではなく、Yahooと同じ
ように利用者に役立つ情報提供ができるサイトからの被リンクということで評価される
ことも
少なくありません。

このポータルサイトに対して、従来型の「2階層構造」の後ろに更に1階層を追加した3段階の
一方向のバックリンクがつくことによって、あなたのサイトから見た場合に「4段階構造」と
なるわけです。

このページの先頭へ