【ブログ記事外注屋さん】ライターが見つけられないときの「切り札」

blogkiji

>>公開停止中です<<

あなたはブログの記事の作成を自分自身で行っていますか?
あたりまえじゃないかと言いたくなるかもしれませんね。

自分のブログの記事を他人に任せるなんて、それこそ某作曲家のようなゴーストライターじゃ
ないかと腹立たしく思ったかもしれません。

しかし、あなた個人の日常生活や意見を書くようなブログであれば、他人が書くのは問題だと
しても、アフィリエイトやアドセンスなどのビジネス系サイトやブログを作成するにあたって
あなた自身が苦手意識を持つジャンルであれば得意な人に任せるのはひとつの選択肢です。

とはいえ、SOHO掲示板などで見つけた外注ライターに記事の作成を依頼しても完成させる事
なく途中で逃亡すると言ったケースは珍しくありませんし、あなたも過去に経験したかもしれ
ません。

どうにか記事を完成させてきたとしても、他サイトからのパクリであれば意味がありませんし
間違った事が書いてあると逆にサイトの信頼性が下がってしまいます。

短時間でサイトを構築するために、ある程度の量のまとまった記事が必要だというのであれば
キーワードを渡してしまえば、それなりの品質のオリジナル記事を作成するブログ記事外注屋
さん
にまかせてしまうのもいいでしょう。

フェルマーの最終定理やリーマン予想、STAP細胞の真偽などといった専門性の高い内容の記事
では受けてもらえない場合も少なくありませんが、ビジネス用途の記事であれば、ある程度は
幅広く作成してもらえますし、パクリの心配もなければリライトも不要ですから安心です。

外注ライターに記事を書かせるよりはコストが高く感じられるでしょうが、逃げずに高品質な
オリジナル記事を量産し続けられるライターさんを捕まえて比較しないことには意味がないと
言わざるを得ません。

このページの先頭へ