【ゼロから始める中古車輸出ビジネス】意外な「ネットビジネス」

usedcar

>>公開は終了しました<<

日本では捨て値当然の「中古車」が日本国内では考えられない高値で売れることを、あなたは
知っていますか?

海外で乗用車として乗りたいと求める人たちがいるからです。

しかし、中古車販売というと、敷地に車を並べてお客さんが来るのを待つといったイメージが
一般的ですから、海外に輸出すると言っても、具体的な方法が思い浮かばないのではないかと
思います。

一般的には、中古車の業者オークションやヤフオクなどを使って捨て値当然の値段で調達した
国産中古車をバイヤーに売るわけですが、飛行機だと輸送コストが高すぎますから船に乗せて
送ることになるとしても、船の手配からはじまり、税関などの手続きが煩雑です。

細かな通関・輸出手続きや中古車の輸送自体は通関業者に任せるとしても、バイヤーとのやり
とりは必要不可欠ですし、トラブルが起こった時などの対応もきちんとしないと、入金されず
中古車を送って大損といった結果にもなりかねません。

そもそも、国産中古車を購入する海外のバイヤーを探す方が難しいのではないでしょうか?

中古車販売や貿易関係の仕事を全くしたことがないという人でも、全くの基礎から中古車輸出
ビジネスの具体的な方法を学べるのが「ゼロから始める中古車輸出ビジネス」です。

中古車を置いておく敷地がなくても、オートオークションで買った国産中古車を直接輸出する
貨物船が停留している港に直送し、そのまま載せてしまえばいいわけですから、パソコン1台
だけで取り組める「ネットビジネス」
と呼んでもいいでしょう。

インターネット上で業者オークションに参加できますから、電脳せどりの感覚で取り組めると
いうわけです。

その上、中古車1台あたりの粗利益が数十万円程度は十分に狙えますから、ブックオフで古本
を探して右往左往するよりも効率がいいことは言うまでもありません。

このページの先頭へ