【「3.6市場」がら空きビジネス塾】1日40分3ヶ月で10年維持できる不労所得を作れる

36market

>>公開は終了しました<<

インターネット上に不労所得装置を設置する

こう書くと胡散臭くて仕方がないように感じるのも当然だと思いますが、人通りの多い繁華街の
一角に自動販売機を置いておけば勝手に売上が上がるのと同じように、仕組みを理解することで
納得できることも少なくありません。

常に数多くの訪問者がやってくるWebサイトを構築できれば、その後はほったらかしでも勝手に
売上が上がっていくことは理解できるのではないでしょうか。

しかし、あなたも知っているように、検索エンジンのロジックは変わり続けていきますし、効果
的な集客法というのは時代とともに変わり続けていますから、かつては通用したスパムチックな
手法が全く通用しなくなり消えていったインターネットマーケッターも少なくありません。

短期間で大きく仕組みが変わることも珍しくないインターネットの世界で10年間にわたって維持
し続けてきた「集客装置」
を構築できるとしたら、あなたも作ってみたくなりませんか?

集客できれば、後はアフィリリンクを設置するなり、アドセンスを設置するなり、コンテンツと
大きな違いがなければ、何を設置するかはあなたの自由です。

この「不労所得を手に入れるスキル」とも言える「集客装置」の作り方を学べるのが伊藤虎太郎
さんの「3.6市場」がら空きビジネス塾です。

「3.6」とは一体何だと疑問に感じたかもしれませんね。
3月6日に何かあったかと昔を振り返っているかもしれませんが、何の関係もありません。

結論から言えば「3.6回目のキーワード」になります。
といっても、これだけでは何のことだか意味が分からないと思います。

強い悩みやストレスが集まる人が、その悩みを解消しようと思ってgoogleなどで検索する回数の
平均が3.6回だと言われていますが、その3.6回目に検索されるであろうキーワードを逆算して
その答えを提示するサイトを構築すれば、ライバル不在で「濃い見込み客」を簡単に集めること
ができる
というわけです。

3.6回目ともなれば相当なニッチゾーン(グランマ市場)になりますから、1回目では全く歯が
立たないビッグワードであってもチャンスが豊富に存在するわけです。

このキーワード戦略や集客法を1日40分、3ヶ月間で学べるのが「3.6市場」がら空きビジネス塾
ということになります。

このページの先頭へ