【シニアライフステーション】未経験でもリハビリデイサービス・介護予防サービス開業

slifesta

>>公開は終了しました<<

高齢者介護事業は、手間がかかるだけで商売としては成り立たないといったイメージを持って
いませんか?

労働者側から見た場合の「3K職場」や「ブラック企業」と言った点ばかりが指摘されますが、
経営側から見ても、儲からないからこそ経費を最小限に抑えようとするために厳しい職場環境
にならざるを得ないという現実があるわけです。

多くのグループホームや老人ホーム、介護事業所などが赤字に苦しんでいますし、介護保険の
開始直後に大々的に参入してきた民間業者が次々と撤退しているという現実を見ても、厳しい
ことがわかるのではないでしょうか。

しかし、このような「常識」とは異なり、シニアマーケットを対象としたビジネスには今でも
未開の領域が存在する
と指摘するのは、元銀行員という経歴を持つ、MAコンサルティング・
シニアライフステーション代表の義煎英一さんです。

シニアライフステーションは、北海道札幌市を中心に「訪問看護ステーション」と「リハビリ
特化型デイサービス」を併用した施設を一体的に経営することで、他の事務所などとの差別化
をはかり、赤字どころか高収益を実現しています。

リハビリデイサービスや介護予防サービスは金銭面のメリットだけでなく、施設数自体が不足
しているという実態がありますから、地元密着型の施設を新たに設立することで地域貢献にも
つながりますし、意外に低コストで設立できることが知られています。

その一方で、介護保険や補助金などを受け取る事業になりますから、何かについて煩雑な作業
がつきものであり、全くの異業種から参入したり、全くの未経験者が新規開業した場合は苦労
することが珍しくありません。

このページの先頭へ