【販売の方程式(ヘプタグラム)】正直「どうなの?」って思います

heptagrm

>>公開は終了しました<<

講習販売」というと、あなたはどのようなイメージを持っていますか?
催眠商法を行う詐欺師や悪徳商人といった悪いイメージを持っているのではないでしょうか。

消費者として講習販売に関わるのであれば、ハイハイ商法を用いた詐欺に引っかからないように
しましょうといった程度の知識で十分ですが、ビジネスとしてセールスに取り組む側からすれば
消費者が持つ講習販売のイメージだけでは明らかに不足
しています。

講習販売が問題視されているのは、販売目的を隠しての勧誘が特商法違反にあたる違法行為だと
言う点であって、普通に価値のあるまっとうな商品を適切な価格で販売すれば、講習販売だった
としても全く問題
ないわけです。

とはいえ、普通に考えれば、わざわざマイナスイメージを持たれている講習販売で売らなくても
普通に売ればいいわけです。

悪徳商法をするつもりはないから講習販売なんて知らなくてもいいという結論に達しがちですが
サラリーマンならともかくとしても、自営業者であれば倒産間際で資金繰りに困っている時など
詐欺ではなくても在庫の高額商品を現金化する時に講習販売の手法を使えば、比較的簡単に稼ぐ
ことができるということを知っているだけでも大きな違いがあるものです。

もちろん、講習販売の全てのフェーズを使わなくても、購入意欲を刺激するように一部分を活用
するといった具合に応用することで、普通にセールスするよりも2倍、3倍と売上を上げられると

なれば、知っておいてもいいのではないかという気にはなりませんか?

講習販売の手法を具体的に知りたいとか、インターネットで構築したいと思うのであれば、講習
販売で豊富な実績を持つ上野健一郎さんの「販売の方程式(ヘプタグラム)」が役立ちます。

正直
「どうなの?」
って思ったかもしれませんが、無価値なものを売るから問題なのであり、価値のあるものを売る
のであれば、基本的には問題ないのです。

このページの先頭へ