【トップMBA式就職内定術】最短距離で志望企業から内定を奪い取る方法

topmba

今すぐ内容を確認する

就職活動の何がつらいかといったら、真夏にリクルートスーツを着て、熱中症のような状態に
なりながら移動するといった人もいるかもしれませんが、いつまでたっても内定が得られずに
応募をし続けること
だと答える人が大多数だと思います。

日頃のストレス解消でもするかのように、社員が応募者に対して非人間的な扱いを行う企業も
いまだに少なくありませんし、採用されずに卒業を迎えることの恐怖を考えると、精神的には
つらいのではないでしょうか。

不採用通知が続いてしまうと、内定さえ貰えればブラック企業でも構わないといった気持ちに
なることも珍しくありませんが、やはり、安易に入社を決めると、短期間で退職して第二新卒
として就職活動をやり直したり、転職活動に取り組まざるをえなくなりかねません。

転職組は冷や飯を食わされることが珍しくないのが日本企業の特性ですから、やはり新卒採用
の段階で、一生分の努力をするにこしたわけはないわけですが、どうすれば志望企業から内定
がもらえるのか、よく分からない
というのが本音ではないでしょうか。

学校とは異なり、企業毎に採用する人材の基準も異なりますから、優秀だから内定が出るとは
限らないという点も就活を難しくしている一因です。

たとえ優秀だったとしても、必要性を感じなければ採用されることはありません。

地方の零細企業に東大の成績トップが応募しても内定が出ない(そもそも受験することもない
とは思いますが)ケースが珍しくないといったケースを想定すればわかりやすいでしょう。

志望企業の担当者が内定を出したくなるように書類選考や面接を通じて仕向ける必要があるの
ですが、こういった重要なことは就活本などでは書かれていないものです。

高額な授業料を取る就活塾では教えているようですが、ピンキリですから粗悪な就活塾では、
それこそ就活本に書かれていることしか学べないといった悲惨な場合も珍しくありません。

ただでさえ時間が少ない就活期間中ですから、このようなムダは避けたいものです。
そこで役立つのが「トップMBA式就職内定術」です。

MBAホルダーでキャリアコンサルタントの仲田志信さんは、クライアントの就活生の内定率が
97.8%という脅威の成績をたたき出していますが、そのコンサルティングや指導をすべて盛り
込んだのが「トップMBA式就職内定術」なのです。

【続きを開く】

このページの先頭へ