【GyakuTube】海外向けYouTubeアドセンス報酬獲得法

今すぐ内容を確認する

YouTubeアドセンスで稼ごうと思ったら、動画の再生回数を増やすことが重要です。

2017年4月より、総再生数が1万回に満たないチャンネルには広告が出せなくなったことから、
再生回数の少ない動画を量産しても収益化をはかることは不可能となっています。

再生回数100回程度の動画でも100個作成すれば、この規制はクリアできますから、ハードルと
しては意外に低いわけですが、作業効率が悪いことは言うまでもありません。

再生回数の多い動画を作成することで、効率良くYouTubeアドセンス報酬を得たいものです。

そこで、日本国内より全世界に目を向ける事でYouTubeアドセンス報酬が何倍にも膨れあがる
と指摘をするのは、YouTubeを使って稼ぐさまざまな方法を提案している小西和夫さんです。

検証実験では1動画当たり1万円以上の報酬を稼ぎ出すという実績が得られました。
同じ動画を日本人向けに作成すると1000回に届かない動画が、外国向けだと6桁から7桁の再生
回数になることも珍しくありません。

具体的に、どのような動画を作成するのでしょうか?

海外に向けてYouTube動画を作成することはわかったとしても、方針がわからなければ作りよう
がありません。

トレンド動画を外国語に翻訳して公開しただけでは、今とほとんど変わりませんし、大した成果
も得られないでしょう。

そこで、小西さんが試行錯誤を重ねた結果、手間を掛けずに大量の再生回数が得られる海外向け
動画の作成法を見つけ出すことに成功
しました。

その手法をまとめたマニュアルが「GyakuTube」です。

  • 完全ホワイトでペナルティを課される心配が全くない方法
  • 現時点ではグレーで今後の方針変更によってはアウトになるかもしれない方法

の2種類の動画作成方法を学ぶことが出来ます。

有名YouTuberのような顔出しや声出しなどは一切不要です。
GyakuTubeを実践するにあたっては完全無料で行なえますし、必要に応じて作業を効率化する
ための有料ツールを購入するのもいいでしょう。

あなたがリスクの高い手法は絶対に嫌だというのであれば、ホワイトな手法のみ取り組めばいい
わけですし、リスクの高いグレーな方法の実践者が少なくないのは、楽して稼げるという手軽さ
にありますので、短期間で大きく稼ぎたいというのであればグレーな方法に積極的に取り組むの
もいいかもしれません。

あなたの方針次第で、どのようにでも使いこなせるのが「GyakuTube」なのです。

【続きを開く】

このページの先頭へ