【フリマ物販メソッド】1日2時間で月100万円以上稼げる?

今すぐ内容を確認する

メルカリやフリル、ラクマなどのフリマアプリを用いた取引が激増しています。
フリマアプリが、ヤフオクなどのネットオークションの取引量を上回ることも珍しくなくなり
ました。

出品した商品の半分以上が24時間に売れるというデータもありますし、ネットオークションと
異なり、取引終了まで販売価格が決まらないという心配もなく、出品者が提示した値段で売買
されることから利益率が把握しやすい、入金されるまでのスピードが非常に早いといった点が
フリマアプリを用いた転売のメリットとしてあげられます。

このため、今までヤフオクなどで転売ビジネスに取り組んでいた人たちがフリマアプリに移動
していますが、取引システムの違いなどの影響によって、なかなか思うように稼げないケース
が続出
しています。

ツールを使って大量の商品を一括出品したり、何度も再出品を繰り返した結果、アカウントを
凍結されたり、強制退会に追い込まれて再登録ができなくなった
という話を聞くことも増えて
きましたし、どれだけ売れやすいと言っても、需要以上に供給されると買い手が付かない場合
も出ますので、値引きして出品せざるを得なくなったり、売れ残って不良在庫になるといった
ケースも増えています。

特に無在庫転売の実践者がフリマアプリに大量に商品を出品しまくることで、一気に値崩れを
起こす光景を見かけることが増えてきましたし、その無在庫転売の出品者アカウントが次々と
凍結されるという報告も聞きますが、いたちごっこが続いているようです。

そこで、別途ツールなどを使わなくても、フリマアプリ運営元が提供する標準機能を使うだけ
で毎月100万円以上を稼げる方法
藤原悠輔さんが考案しました。

それが「フリマ物販メソッド」ですが、

  • 安くて需要のある商品を見つける
  • 商品が売れる正しい出品方法を実践する

という2点を実践すれば、1日2時間程度の作業時間で十分達成できると藤原さんは言います。

藤原さんが提唱する手法も無在庫転売ですが、スパムチックに手当たり次第に出品しまくるの
とは異なり、需要の旺盛な商品だけを狙いますから手間もかかりませんし、アカウント凍結と
いったリスクもありません。

【続きを開く】

このページの先頭へ