完全自動構築型ポータルサイト構築システム「Phoenix」

今すぐ内容を確認する

完全自動構築型ポータルサイト構築システム「Phoenix」はアンテナサイト風のポータルサイト
を自動生成するWordPressテーマです。

「Phoenix」を使うにあたって、ジャンルは特に問いません。
さまざまなジャンルの記事を混ぜても構いませんし、政治系、ゲーム系など、特定のジャンルに
特化したポータルサイトも作成できます。

なお、アダルト系ポータルサイトを作成する場合、「Phoenix」を設置するレンタルサーバー
でアダルトコンテンツの設置が許されているところでしか使えません。

アダルトコンテンツが許されていないレンタルサーバー業者でアダルト系ポータルサイトを公開
すると、早ければ、その日のうちにコンテンツは全て非公開にされて、管理者から警告メールが
送られてきたり、厳しい業者だと規約違反として強制退会の処分をくだされます。

当然ながらレンタルサーバー代金の返金もありませんし、損害賠償を求められる場合もあります
ので、アダルトコンテンツを扱う場合には、くれぐれも注意してください。

一般的なアンテナサイトだと、記事タイトルだけを最新のものから順番に表示するのに対して、
「Phoenix」では記事タイトルだけでなく記事の概要もあわせて表示しますので、サイト訪問者
に提供できる情報量が多い
という点が異なります。

また、「Phoenix」はデザイン的にポータルサイト的な作りを意識していることから、アンテナ
サイトのように、訪問者が気になるタイトルを見つけたら、すぐにクリックされて別のサイトに
遷移されることもなく、滞在時間を伸ばして広告の露出を増やす効果が期待できます。

しかし、しょせんはコピーコンテンツだから検索エンジンからの評価は低く、手動・自動ペナル
ティを課されるのは時間の問題
だと思っていませんか?

「Phoenix」の場合は、アンテナサイトやまとめサイトからのアクセスが中心になることから、
検索エンジンからペナルティを受けても痛手になりませんし、SNSからもアクセスを集めること
で十分に補えます。

もちろん、「Phoenix」では自動取得の記事だけでなく、手動で記事を追加することも可能です
から、適度に手を加えることでペナルティを課されること無く、検索エンジンからの集客を維持
することも出来ます。

【続きを開く】

このページの先頭へ