【ネットビジネス聖書Apocrypha】ネットビジネス聖書で漏れていた部分とは?

apocrypa

>>公開停止中です<<

伊勢隆一郎・村上宗嗣・佐藤文昭・小島幹登(敬称略)の計4名が作成した「ネットビジネス
聖書」は2012年に公開されたマニュアルですが、その内容は塾経営で収益を得るための方法
でした。

塾と言っても、街角にある学習塾やパソコンスクール、カルチャースクールといったものから
価値と価格が見合わないために、「高額塾」などと揶揄されることも多いオンラインスクール
までさまざまです。

「ネットビジネス聖書」ですから、ここでいう「塾経営」というのは「オンラインスクール」
のことをさしますが、なかなか軌道に乗せられずに苦労しているところも少なくありませんし
売り逃げるようにして、短期間で消え去るケースも増えています。

もちろん、価値と価格が見合っていれば、それこそ授業料が100万円だったとしても参加者は
いますし、富裕層向けのセミナーやスクールだと受講料が7桁、8桁といったケースも珍しくは
ありませんし、内容も見合ったものであるからこそ参加・申込をするわけです。

「高額塾」の少なくないものが、価値と価格が明らかに崩れ去っているからこそ、トラブルが
次々と起こっているわけですので、ネットビジネス聖書を読んで塾ビジネスを始めようと思う
のであれば、価値の提供という点は十分に配慮するべきであることは言うまでもありません。

しかし、Webクリエイターの野地智博さんはネットビジネス聖書に抜け落ちている観点が存在
する
と指摘します。

その漏れている部分というのは「塾サイトを構築する実践的手法」だと野地さんは言います。

もちろん、ノウハウやカリキュラム、指導体制を揃えることができた上で、塾サイトの構築と
いう点だけで躓いているのであれば、その部分だけをアウトソーシングするというのも一つの
対策です。

とはいえ、サイト構築だけで数百万円の費用がかかる上に、維持費も固定的にかかるとなれば
スタートの段階での出費が大きくなりますから、塾経営を始める段階にまでたどりつけないと
いうケースも少なくありません。

だからこそ、自力で最短距離で塾サイトの構築と運営ができるようになることが欠かせない
野地さんは強調しているわけです。

そこで「ネットビジネス聖書Apocrypha」というマニュアルを野地さんが作成しました。

それほど時間をかけることなく、お金がなくても塾サイトを自力で構築・管理ができるように
なります。

このページの先頭へ