【完全せどり自動化マニュアル】作業量の限界を突破できる!

今すぐ内容を確認する

特に取り扱う商品数が多いほど売上や利益が大きくなりやすい「せどり」では、一人で全ての
作業を行うよりも、作業分担をしたほうが効果的
な場合が少なくありません。

作業分担をするためには人を雇う必要がありますから、人件費がかかるのが嫌だという指摘も
ありますし、せっかく雇っても思い通りに動いてくれないので、かえって効率が悪くなったと
いう場合もあるでしょう。

しかし、これらの問題点を差し引いても人を雇うことによるメリットの方が大きいと指摘する
のは、専業せどらーの池末健さんです。

なお、せどりを行う際に人を雇う場合には注意が必要です。

あなたがせどりを行うための会社を作って社長に就任し、作業員を正社員として雇っても構い
ませんが、ブラック企業のような会社経営をしていたら労基署が来てもおかしくありませんし
儲からなくなったからといって、社員を解雇するのは簡単ではありません。

どこかのアニメ制作会社やワンオペ牛丼会社のように社員を雇う経費を全て社員に支払わせて
給料をマイナスにした上で業務委託だからと逃げ道を打つというのは論外ですし、偽装請負と
して違法になりますし、大手と違って零細企業ほど捕まりやすいので、最初からしないほうが
いいでしょう。

それだったら、最初から業務委託契約を結んで外注に依頼したほうがシンプルですし、報酬を
作業量に比例させれば、作業量に応じて合法的に支出をコントロールできます。

外注の仕事ぶりが気に入らなければ業務委託契約を解除できますし、作業量が少ない時は仕事
を振らなければいいだけですから、正社員を雇うのと比べるとコストは大幅に削減できますし
サービス残業や過労死、福利厚生などの労働トラブルも未然に防げます。

しかし、企業経営者であれば外注の探し方から雇い方、仕事のさせ方などの一連の流れは理解
できていると思いますが、サラリーマンや学生、主婦などにはハードルが高い
と思います。

そこで役立つのが「完全せどり自動化マニュアル」です。

【続きを開く】

このページの先頭へ