【映像ディレクション完全バイブル】動画マーケティングに欠かせないテクニックが分かる

dougadr

今すぐ内容を確認する

YouTuberを出すまでもなく、撮影機材や編集環境が手軽に揃えられるようになったことから、
個人レベルにおいても動画マーケティングが一般的になってきました。

しかし、専門家に負けないだけの作成環境が揃ったとしても、動画の撮影や編集と言う点では
大きな差が存在するのが事実です。

撮影スキルは高くてもマーケティングスキルが低いために、成約率を高めるために欠かせない
効果的な映像マーケティングが行えないといったケースが珍しくありません。

あえて素人ぽさを残しているのと、素人であるため肝心なポイントを落としている場合とでは
天と地との差があるといってもいいでしょう。

プロらしさがないからこそ良いなどと言ってごまかしている人は、この点が分かっていない事
から、動画マーケティングや動画セールスが全く成功しないのです。

販売終了となっていた「映像ディレクション完全バイブル」が再販されていますが、あなたが
このような悩みを抱えているのであれば非常に役立つことは言うまでもありません。

動画マーケティングの有効性や重要性といった基本的な内容から振り返り、事実誤認や誤解、
勘違いなどによって動画マーケティングが失敗する理由を説明した上で、動画だけで売り込む
のではなく、映像を使った販売戦略といった具体的な手法まで学ぶことができます。

動画マーケティングだからといって、動画だけで全てを完結させようとするから失敗するわけ
です。

動画では動画の役割だけを最大限活用して、次のステップに繋げることで成果を最大化できる
のですが、動画マーケッターの多くは「動画じゃないとダメ」などといった切り口で話をする
からこそ、自ら首を絞めているといってもいいかもしれません。

例えば、破産したと自白した与沢さんが行っていた手法としては、動画でステップメールへの
登録を促して、ステップメールでDRMを動画やテキストをからめて行うといったものですが、
シナリオ次第としてもDRMを併用して「教育」することで成約率を高められるのです。

【続きを開く】

このページの先頭へ