【マンガせどりマスタープログラム】セット化できないと不良在庫!

>>公開は終了しました<<

古本転売において、利益率を上げるための方法として知られているのが「セット化」です。

1巻ずつバラバラに出品するのではなく、作者やシリーズごとにセットにしてまとめて出品を
することで、単純に個々の書籍を合計した金額よりもプラスアルファした付加価値がつくこと
から利益率を大幅にアップ
することができるのです。

また、セット化することで1回の取引で大量の書籍を売りさばけますから、1冊づつバラバラ
に売るよりも効率的
だという点も見逃せません。

先ほども少し書いたように、セット化する際には著者やシリーズ物など、さまざまな切り口が
ありますが、安定的な需要が見込めるのがコミックです。

例えば、先日連載が終了した「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(こち亀)だと全巻セットで
200冊とギネス記録認定を受けるほどに膨大ですが、全巻新品で9万円弱、古本だと3万円前後
が最安値となっています。

50冊、100冊と言った部分的なセットだと割安価格で手に入りますし、1冊単位だと古書店で
税抜き100円、amazonでも100円以下で手に入ることが珍しくありませんので、組み合わせて
全巻セットにすれば仕入れ価格を大幅におさえることが可能
です。

しかし、部分的に仕入れていって全巻揃えるというのは手間と時間がかかりますし、商品状態
は個々の巻でバラバラになりますので、検品やクリーニングが面倒くさいということにもなり
かねません。

古本せどりでは検品・クリーニングは必要不可欠だから、面倒という発想自体が間違っている
という指摘もありますが、取り扱う商品数が増えれば物理的に処理ができなくなることから、
精神論で解決できる問題ではありませんし、外注やアルバイトなどを雇って人海戦術で対応を
する場合にはコストが発生します
ので、先行投資で取り組むつもりでないと仕入れ費用以外の
出費をためらうかもしれません。

そこで、これらの問題を全て解決したうえで、1日2時間程度の作業時間で毎月100万円以上を
稼ぐことも可能なコミックのセット本せどり手法を、自らも実践しているという専業せどらー
井上智也さんがマニュアルにまとめて公開しました。

それが「マンガせどりマスタープログラム」です。

このページの先頭へ