【シックスセンス】同じアフィリエイトでも異なるキーワード戦略が必要な理由は?

6thsense

>>公開は終了しました<<

サイトやブログを使って検索エンジンから集客を行うアフィリエイトに取り組むにあたって
キーワード戦略が重要なことは改めて指摘するまでもないでしょう。

メルマガやステップメールを使ってDRMを行うアフィリエイトの場合には、キーワードなど
一切知らなくても人間心理やライティングスキルを持っていれば十分ですが、検索エンジン
から集客するという関係上、質の高い見込み客を集めるためにキーワード戦略が重要です。

しかし、同じアフィリエイトであっても、キーワード戦略を変えなければいけないケースが
ある
ことを、あなたは知っていますか?

このキーワード戦略の違いを正しく理解できていないと、「稼げるキーワード集」を買って
も全く使いこなせませんし、キーワードツールやキーワード選定マニュアルも無用の長物と
いう結果になりかねません。

また、稼げるキーワード選定の基本的な内容は、あなたもすでに知っていると思いますが、
毎回のように「口コミ」や「効果」、「レビュー」や「体験談」などといった文字を並べた
ところで、ライバルサイトも同じようなことをしていますから差別化がはかれません。

やはり、ライバルとは違ったことをしなければ上位表示や成約率アップは難しいのですが、
むやみに取り組んでも成果は得られないものです。

先ほどのキーワード戦略の違いですが、「アフィリエイトプログラム」によって最適な戦略
が異なる
という風に考えると理解しやすいでしょう。

つまり、アドセンス、楽天、amazon、ヤフー、物販、情報商材などといった区分になると
思いますが、それぞれに対して最適なキーワード戦略というのが存在するわけです。

そのアフィリエイトプログラムごとに稼ぐためのキーワード選定方法を知ることができる
のが「シックスセンス」です。

このページの先頭へ