世界の指圧師KENが教える肘を効果的に使ったマッサージ方法

hiji

>>公開は終了しました<<

「肘(ひじ)を使ったマッサージ」というと、どのような光景を思い浮かべますか?

指だけでは力が足りない時に、強い圧をかけるのに使うというイメージが一般的だと思います
が、強い力をかけるときだけに肘を使うというのはもったいない話だと指摘するのは、「世界
の指圧師KEN
」こと、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の山元健さんです。

あなたも知っているように、業界的には「あはき師」と呼ばれる国家資格者ですが、無資格者
や民間資格の整体師などが脱法マッサージを堂々と行っている状況では、どうしても影が薄い
存在です。

話を元に戻しましょう。

肘は強い力をかけるのに使うだけでなく、指と比べて広い部位を一度に刺激できるという点を
忘れてはいけません。

力を入れずに柔らかくツボなどにあてることで、マイルドでありながら効果的な指圧が可能に
なります。

また、頭の上から足つぼまで肘を使ってマッサージできますから、指で一つ一つ刺激するのと
比べると効率よく行えますし、施術をする側の身体的な負担も大幅に軽減できるのです。

あはき師を育成するための指圧学校だと、試験とも兼ね合いもあって、どうして指業が中心に
なりますから、肘を使ったマッサージを学ぶ機会というのはないものです。

その点では、民間資格の整体学校では、肘を使った施術を教えているところもあるわけですが
あなたは肘の使い方を学んだことはありますか?

もし、肘を使った効果的なマッサージ方法を身につけた経験がなければ、KENさんが作成した
動画教材が役立ちます。

このページの先頭へ