【治験仲介ビジネスマニュアル】医療とネットを融合したマッチングビジネス

tiken

>>公開は終了しました<<

「治験」というと、報酬の割にはリスクが高いといった評価が一般的にはされていますが、
全体的に見れば、ごく一部のケースを大げさに騒ぎ立てているだけというのが真実です。

例えば、末期患者向けの「がん治療薬」を開発しても治験が出来る人が限られていますし、
副作用や成功しなかった場合のリスクが高いことも事実です。

失敗した時は死期が早まるだけでなく、不要な苦しみを味わう結果になるケースもあるため
「治験は危ない」といった結論ありきのプロパガンダをするときの「格好のネタ」にされる
のは事実です。

しかし、生存確率が極めて低い末期がん患者にとってはリスクを取る価値は十分にあります
し、地権者になることで医療費負担が軽減されることもメリットといえるでしょう。

もちろん、末期がん向けといったリスクの高い治験だけでなく、もっと軽度の目薬や風邪薬
などの治験といったものもあり、医療被害を受けるリスクはゼロとは言いませんが、極めて
低いケースがほとんどです。

このような治験の参加者が恒常的に足りないことは意外に知られていません。

今までにも、製薬業者や医療機関などは仲介業者などを使って治験者の募集をしていました
が、健康面や過去の治験経験といった条件を全て満たす治験者を探しだすのに苦労している
状況
です。

この治験ビジネスに大きなビジネスチャンスが潜んでいると気づいた、治験リクルーターの
鎌田大介さんが「医療とネットを融合したマッチングビジネス」を開発しました。

その手法をまとめたのが「治験仲介ビジネスマニュアル」です。

アフィリエイト等の他のネットビジネスとは異なり、初月から数十万円レベルの収入が初期
コストをかけずに得られるチャンスが開かれています。

このページの先頭へ