【コピペチェックExpressⅡ】外注が作成した記事のコピペチェックに最適なツール

cpycheck

>>公開は終了しました<<

外注に頼んだ記事を納品した時に困ることの一つが「パクリ」です。

ライティング業者に頼めば納品前にチェックを行ってくれることから、丸々コピペしただけの
低品質な記事が手に入る心配は低いのですが、あなたが外注を雇って記事作成を依頼した場合
には十分に注意をしなければいけません。

あなたも、外注からパクリ記事を堂々と納品されて頭を抱えた経験があるのではないでしょう
か。

確信犯的にパクリを行う外注もいれば全くの無知というケースもありますが、いずれにしても
著作権法違反な上にパンダアップデートに捕まる可能性が高くなりますから、碌な結果になら
ないことは言うまでもありません。

しかし、コピペ記事検索ツールといっても、某理系女子さんの博士論文では効果を発揮しても
納品記事では役に立たないといったケースは珍しくもありませんし、時間がかかりすぎて実用
性に欠けたり、途中でソフトが強制終了するといったお話にならないツールもありました。

そこで、高速・安定動作・高品質なツールとして誕生したのが「コピペチェックExpressⅡ
です。

記事作成代行会社のケーズオフィスが、コピペの検出率や検出スピードに徹底的にこだわった
ツール
です。

同業他社のツールの半分以下の時間で全ての検索を終えられますし、チェックする記事の数に
制限はありませんから、外注をフル活用して、数多くの記事を納品を受けている人であっても
待ち時間が長くなってイライラするといったことがなく使えるツールです。

1記事あたりの文字数に制限はありませんので、1000文字程度であれば余裕でこなしますし、
10000文字、100000文字と増えても所要時間が増えるだけで、処理自体ができないといった
心配はありません。

1回の作業でチェックできる最大記事数は1000ですが、作業を繰り返すことで2000、3000と
増やせます。

このページの先頭へ