【アフィリエイト用特典ゴールド】独自特典を作れなければ高価値特典を使えばいい

afigold

>>公開は終了しました<<

ほとんどの場合、物販アフィリエイトで禁止されているのが「独自特典」です。
その理由は簡単で広告主のブランディングを悪化させる危険があるからです。

例えば、クレジットカードなどを契約することで得られるアフィリ報酬の一部をamazonギフト
などでキャッシュバックしたり、アフィリエイターからの独自のメールサポートを行うなどと
いった手法でアフィリ条件を満たそうとする行為は禁止されています。

ASPや広告主は定期的にチェックしていますから、このような「独自特典」を行っている状況
を見つけた時点で、広告主とのアフィリエイト契約が一方的に打ち切られるだけでなく、ASP
から強制退会させられることも珍しくありません。

それとは対照的に、裏アフィリエイターが取り組む情報商材のアフィリエイトでは特典がない
と売れないといった状況ですから、独自特典が開発できる人は差別化をはかるために作成する
一方で、それだけのスキルがない人は特典の数で勝負といった人もいるわけです。

数勝負というのは、往々にして「ゴミ」「肥やし」などと呼ばれるように、使い物にならない
どころか、逆に陰口をたたかれるといったマイナス評価を受けることも少なくありません。

ただでさえ「裏アフィリエイター」などと蔑まされているのに、さらに評価が下がるとなれば
もはやアフィリエイトで稼ぐどころの状況ではありません。

せっかく独自特典をつけるのであれば、低品質の再配布レポートを対象に揃えるのではなく、
利用価値の高いレポートを配布したほうがいいことは言うまでもありません。

そこで役立つのが「アフィリエイト用特典ゴールド」です。

このページの先頭へ