【団塊オヤジの秘密の稼ぎ技】オタク向け商品転売で今後も安定的に稼ぐ

dksedori

今すぐ内容を確認する

団塊世代」というと全体的に否定的な論調で捉えられることが多いのですが、とにかく人数が
多いこともあって、ひとくくりで説明するのが難しい年代だと言えるでしょう。

高度成長時代を先導して日本経済の拡大に貢献し、会社生活の後半は役員としてバブル崩壊後の
激動期も大きな被害を受けずに乗り切ることに成功して、高額な年金と蓄えで悠々自適の老後を
過ごしている人もいれば、山谷やあいりんなどで日雇いを転々として今は生活保護を受けている
人までさまざまです。

国民年金だけが頼りという厳しい生活を送る人もいれば、厚生年金が少ないので海外旅行に行く
ことができる回数が減るとクレームを出す人もいたりといった具合ですね。

収入が少なければ、生活保護を受けられなければ高齢者であっても働かざるをえないという状況
ですが、コンビニなどで働いても中々仕事を覚えられずに、老化のせいで身体が満足に動けない
ので難しいといった状況かもしれません。

そこで年金暮らしの「団塊おやじ」という「しは」さんが着目したのが「せどり」です。
商品を転売して稼ぐという手法ですね。

一般的には、ブックオフなどの古本屋で安い本を仕入れて、オークションサイトで高値で売ると
いったイメージを持っていると思いますが、難易度が向上し続けているために挫折者が多いのが
現実です。

それよりも「しは」さんがすすめるのが「おたく」向け商品です。

ついつい、「オタク」なんてと小馬鹿にしながら低く見ていませんか?

彼らのやっていること自体はおろかでバカバカしいと思うかもしれませんが、せどりビジネスと
いう観点で見れば大きなビジネスチャンスが存在する
というのも事実です。

1日30分程度の作業で毎月15万円は十分に稼げますから、年金プラスアルファの収入と考えれば
悪くはないのではありませんか?

【続きを開く】

このページの先頭へ