【BUYMA AUTOMATION PROGRAM】後払いブランド品販売ネットショップで稼ぐ方法

buymaap

>>公開は終了しました<<

実店舗やネットショップに限らず、一般的には在庫を店内に確保した上で商品を販売し、在庫が
ない商品は注文を受けて仕入れて販売するといった流れになります。

販売者にとってみれば、先に支払いを行い商品が売れたら入金という流れになりますから、売れ
行きが悪いと赤字になることも珍しくありません。

BTOパソコンや自動車などの在庫を確保しておくのが難しい商品であれば、受注生産形式で先に
代金を支払ってもらってから商品を仕入れて販売すると言った手法も行われており、販売者から
すれば在庫を抱える必要がありません。

商品自体が売れなければ稼げませんが、販売者にとっては先に支払いが起こらないことから損失
も防げるという点で大きなメリットがあるのです。

BUYMAは、この受注生産方式でブランド品販売を行うネットショップモールですが、ブランド品
をオフィシャル以外で生産すれば「偽物」ですし、ブランドショップに生産を依頼しても仕入れ
価格は安くありませんので稼げません。

そこで、購入者から注文が来てから、ブランド品を安く売っている海外業者などから買い付けて
差額を利益として受け取るのがBUYMAを使ったビジネスモデル
になります。

buyma

しかし、適当に出品して注文を受けても、実際に商品を仕入れられなければ意味がありません
し、安く買える「買い付け先」も知らなければ、高値で仕入れて損をするだけです。

質屋やセレクトショップ、ディスカウントショップなどでは「海外旅行」という名目で社員の
慰安を兼ねて、海外のブランドオフィシャル店に買い付けに出かけるといいますが、会社員が
海外旅行に何度も出かける時間的余裕はないものです。

そこで、元一部上場企業で管理職を務めたという新井寛さんが、新井さん自身は作業を行わず
自動的にBUYMAで利益が出せる「オートメーションプログラム」を開発しました。

それが「BUYMA AUTOMATION PROGRAM」です。

勘違いしてはいけないのは、マウスを何度かクリックするだけで、勝手に稼げるようになると
いった現実性のない方法ではなく、外注などを使ってあなたの代わりに働かせることで一人で
こなせないような作業量でも可能になるという点が重要なポイントです。

外注費がモッタイナイからといってすべてを自分でしようとする人がいますが、少しのお金を
ケチって大きな利益を見逃すことにもなりかねません。

このページの先頭へ