【創業融資最強マニュアル&ツール】融資がおりない「裏技」では意味が無い!

s-yushi

>>公開は終了しました<<

ビジネスを新たに立ち上げるにあたっては「資金」がとにかく必要です。

起業した直後から安定的に稼げるなんてケースが非常に珍しい事は、あなたもすでに理解して
いるとは思いますが、初期資金が不要だと従来はいわれていたネットビジネスでさえも、初期
投資やランニングコストがかかる時代になっています。

メーカーやサービス業などの業種に限らず、収入が増えるまでに支出だけは山のように続くと
いうのが一般的ですから、あっという間に創業時に用意した資金は減り続けていくものです。

もちろん、すべての資金を失って融資も新たに受けられなくなれば、廃業・倒産するしかない
わけですから、早い段階で稼げるようになるのはもちろんのこと創業段階で多くの資金を確保
しておく必要があります。

街金などの高金利で融資を受けていたら、どれだけ優良企業であっても経営できなくなります
から援助金などの返済不要の資金が調達できればベストですが、なかなか審査が通過できない
こともあって、可能な限り低利での融資を受けることが重要になってきます。

日本政策金融公庫などの公的金融機関で創業融資を受けようと思って申し込んだが全く相手に
されずに融資がおりなかったという経験をした人が少なくありません。

否決された理由は説明されずに結論だけを言われますから、何が悪かったのか全く分からない
ままに困り果ててしまうというわけです。

さて、あなたも公庫の創業融資を受けたいと思っているのではないでしょうか。

融資を受けるための情報やコンサルティングなどを行う人が少なくありませんが、その中には
不適切な内容も少なく無い
と指摘をするのは、政府系金融機関で融資を担当した経験を持つと
いう白木輝夫(業務都合により仮名)さんです。

このページの先頭へ