【アクセス解析の達人】不毛な試行錯誤と検証は今日で終わり!

atatujin

>>公開は終了しました<<

アクセス解析を見て問題点を解消して最適化するというPDCAサイクルを回すことが必要だと
Webサイト運営では必ずと言っていいほどに言われます。

あなたも聞いたことがあるでしょうし、実践してきたのではないかと思います。

しかし、PDCAサイクルの中で「仮説を立てる」という部分がうまく行かずに検証しても悪化
するといったことを繰り返しているのではないでしょうか。

アクセス解析の数値やデータを見ながら、どのような現象が起こっているのかを分析して予測
するというのが難しいこともあり、仮説をたてたのはいいけれど全くの見当違いだったという
ケースが少なくありません。

試行錯誤を続けている間にも状況は悪化し続けますから、最終的にはジリ貧に陥りかねないの
です。

正しい答えにたどり着く前にタイムリミットがやってきては意味がありません。

アクセス解析の数字を見ただけの不正確な仮説ではなく、個々のサイト訪問者の具体的な動き
を見ることでサイト運営上の問題点が明確にわかるのですが、「アクセス解析の達人」を使う
ことで、サイト訪問者ごとの具体的な動きを全て追跡することができます。

Google Analyticsなどの多機能アクセス解析ツールでも訪問者ごとのページ遷移の追跡は可能
ですが、サイト内でのスクロールスピードといった同じページ内の遷移はわかりません。

同じページ内で、どこを見ているのか、どこを素通りしているのかといったデータは取得して
いないからこそ、クリックされた場所や遷移時間などから推測するしかなかったのです。

さて、ヒートマップツールを使えばページ内の遷移を見ることは可能ではないかと思った人も
いるでしょう。

ヒートマップツールを使っているからアクセス解析の達人は不要だと思ったかもしれません。

しかし、Google Analtyicsレベルのアクセス解析と連動したヒートマップツールは「アクセス
解析の達人」程度しかないというのが現実です。

このページの先頭へ